和洋中、なんでも合うしめじ。お値段も手ごろで主婦の強い味方ですよね!

しかし、安いからといってたくさん買ったらすぐに傷んでしまった、一度に半分しか使わないから残ったものが傷んでしまった…という経験、たくさんの方があると思います。

ということで、今回はしめじの保存方法と賞味期限についてまとめました!

しめじ 保存 方法

しめじの選び方と保存方法

しめじを購入するときは、カサの色が濃く、一株にまとまっているもの、そしてカサがしっかり密集しているものを選ぶようにしましょう。

しめじは水分と温度の変化が苦手な野菜です。

パックが汗をかいて水滴がつくだけでも傷みやすく、菌糸が発生しやすくなります。

また、少しの温度変化にも弱いので常温保存や頻繁に開け閉めする冷蔵庫は避け、野菜室で保存するようにしましょう。

しめじの冷蔵保存

パックから取り出して新聞紙に包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存するとより長持ちします。その際、石突は取らず、水洗いもせずにそのまま入れるようにしましょう。

これで5~1週間は美味しく食べることができます。

半分しか使わない…という場合も石突からは取らず、使う分だけ切ったら同じように新聞紙で包み、タッパーやジップ付きの袋に入れて野菜室で保存するようにしましょう。

その際、水気がついてしまったらペーパータオルでしっかり拭いてからにしましょう。

切った後のしめじは傷みやすいので3日以内に使用するようにしましょう。

しめじの冷凍保存

しめじは冷凍保存することもできます。

洗わずに石突を落とし、小分けにします。そのままフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

こうすることによって解凍せずにそのまま調理することができるので風味が逃げにくいだけでなく、冷凍することによってうまみが凝縮されるので一石二鳥です。

冷凍したしめじは2週間~1ヶ月で使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク

乾燥することもできる

しめじは、しいたけ同様乾燥することもできます。

袋から取り出したしめじの石突を落とし、バラバラにしてざるなどの上に重ならないように並べます。そのまま天日干しでカラカラに乾くまで三日ほど乾燥させます。

この時、水分が残っているとすぐに傷んでしまうので注意しましょう。

完全に乾燥させたらフリーザーバッグに入れて冷凍します。

水で戻して使用したり、炊き込みご飯などに入れるとうまみと出汁が出てとっても美味しいですよ!

この方法で1年保存することができます。

まとめ

  1. しめじは水分と温度変化に弱い
  2. パックから取り出し、新聞紙に包んで野菜室で保存
  3. 石突を落とし小分けにしてフリーザーバッグに入れ冷凍庫で保存
  4. 乾燥させて保存することもできる
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク