毎日のように飲む人もいるお茶。私たちの生活には欠かすことのできない飲料になっています。お茶にはこだわりを持っている人もいるのではないでしょうか?

手軽に飲むことが出来るペットボトルの様なお茶ではなく、家で茶葉を保管している人もいますよね?どうやって茶葉を保存すればよいのか調べてみたいと思います。

餃子 保存 方法

お茶の茶葉について

世代によっては茶葉が家にないという人もいるかもしれませんね。しかし、職場や親せきの家などで目にすることもあるかも知れません。どのように茶葉を扱えばよいのか見てみたいと思います。

お茶の茶葉を保存するには

最初に保存方法について見てみます。茶葉を購入したら、冷蔵庫に保存することが良いとされていることを知っていますか?

常温でも保存できると思いますが、冷蔵庫や冷凍庫での保存が推奨されています。

大量に購入するのではなく、1ヶ月以内に使い切れるような量を購入することも大切です。開封する前から冷蔵庫にて保存できますが、使用する時には常温に戻してから使用することが良いそうです。
冷たい茶葉に熱いお湯を注いでは温度差があります。その温度差が少ないほうがおいしくいただけます。

開封した後は、密閉性のある容器に移し、出来るなら遮光性もある容器にしましょう。ここで大切なのが冷暗所での保存です。冷蔵庫には入れないほうが良いのです。冷蔵庫の匂いを吸収してしまったり、何回も取り出していると湿気を帯びるようです。

スポンサードリンク

湿気や風味が無い時には

せっかくお茶をいれても何となく味が物足りないと感じる時には一工夫することで美味しさを感じることが出来る、簡単な方法を紹介します。

フライパンでゆっくりと炒めることです。出来るだけ弱火で行いましょう。この時には、フライパンに直接ではなくクッキングペーパーのように紙を敷くことがポイントです。他にも電子レンジを使う方法などもあるので試してみたいですね。

まとめ

一人でゆっくりとお茶を飲んでいる時間があれば落ち着くことが出来ますよね。茶葉からいれるのであれば風味も楽しみたいです。

自家製のほうじ茶なども作ることが出来るようなので、試してみたいと思いました。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク