豆苗は安価で手に入り栄養も抜群です。

実はこの豆苗、すぐに傷むと思われがちですが保存方法次第では長持ちさせることができるんです。

ということで、今回は豆苗の上手な保存方法や賞味期限、新鮮な豆苗の選び方についてまとめました!

新鮮な豆苗の選び方

豆苗は葉の色が濃く、しっかりと開いているものを選びます。

さらにみずみずしいものを選ぶとより長持ちさせやすいのでしっかりと見極めるようにしましょう。

根がついているものを購入するとさらに良いですね!

豆苗 保存 方法

豆苗の冷蔵保存

豆苗のパックは通気性抜群なので、そのまま冷蔵庫に入れて保存することができるのが嬉しいですよね。

ただし、その際気をつけなければいけないのが“立てて保存する”ということです。

横にすると曲がってしまったりして十分に水分がいきわたらなくなってしまい、傷む原因となります。

豆苗は成長を続けているので根の部分に水分を与えてあげる必要があります。

購入してすぐの時はまだ水分を蓄えていますが、すぐになくなってしまうのでこまめに水分補給をさせてあげましょう。

そうすることによって5日~一週間保存することができます。

すぐに食べる場合は根を切り落とし、軽く洗って密閉容器に入れます。

その際、袋に空気が入るようにすると23日美味しい状態を保つことができますよ。

根がついている豆苗を買った場合は根元を少し残して切り落とし、水を毎日取り換えておくことにおってまた新しいものが成長してきます。

二度収穫できるのも嬉しいポイントの一つですよね。

スポンサードリンク

豆苗の冷凍保存

豆苗を冷凍保存する場合、根を落とし、キレイに洗います。

食べやすい大きさに切ってからペーパータオルでしっかりと水分を拭き取りましょう。

フリーザーバッグに入れて平らにし、ストローで空気を吸いだししっかり空気を抜いて金属トレイの上に乗せます。

急速冷凍されるので、普通に冷凍するよりはシャキシャキ感を保つことができますよ。

冷凍保存した豆苗の賞味期限は約二週間です。

まとめ

  1. 豆苗は葉が開き、濃い緑色でみずみずしいもの、さらに根がついているものを選ぶ
  2. 冷蔵保存する場合は必ず立てて、水分補給をこまめにしてあげることでより長持ちする
  3. 冷凍する際はしっかり水分を拭き取って急速冷凍させる
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク