大根を買いに行ったとき、少ししか使わないけれど一本買った方が安い…でも一本買ってもダメにしてしまう。そう思ったことありませんか?

実は大根は保存方法によって一ヶ月持たせることもできるんです。

ということで、今回は大根の上手な保存方法や賞味期限、新鮮な大根の選び方についてまとめました!

新鮮な大根の選び方

ツヤがあり、まっすぐに伸びていて太いものを選ぶようにしましょう。

葉がついている場合は、ピンとしているものを選びます。

葉がついていない場合は切り口を見て、乾燥しておらずみずみずしいものを選びましょう。

大根 保存 方法

大根の冷蔵保存

葉がついているものを購入した場合、まずは葉の部分を切り落とします。

そのままにしておくと大根の栄養分を葉がどんどん吸収してしまい、大根がしわしわになっていきます。

葉を切り落としたら新聞紙で包み、直射日光を避けて立てて保存しましょう。

冷蔵庫で保存する場合はしめらせた新聞紙に包むかラップで包み、野菜室で立てて保存しましょう。

一回で使い切らない場合も同じように全体を軽く湿らせた新聞紙やラップで包みます。

この時に切り口の部分だけラップで包んでいる人も多いのですが、覆われてない部分から乾燥してしまいますので必ず全体を覆うようにしてください。

この方法で一週間美味しく食べることができます。

また、大根は乾燥に弱いため、土の中に入れておくことで何日も日持ちします。

さらに切り落とした葉の部分には栄養がたっぷり入っています。

洗って水気を拭き取り、刻んで塩昆布、ごま油と炒めると手軽に美味しく食べることができますよ!

スポンサードリンク

大根の冷凍保存

大根を冷凍保存する場合、解凍するとぐちゃぐちゃになってしまいます。

なので、必ず冷凍する前に使う時の大きさに切ってから冷凍します。

いちょう切り、輪切りなどの場合は食べる分だけラップで包みます。

大根おろしの場合は製氷トレイに入れてラップをかけ、凍ったらはずしてフリーザーバッグに入れると使いやすいですよ。

調理するときは凍ったまま調理するようにしましょう。

この方法で一ヶ月保存することが可能です。

まとめ

  1. 大根はツヤがあり、真っすぐで太いものを選ぶ
  2. 葉がついている場合は栄養を持っていってしまうので購入後すぐに切り落とす
  3. 常温でも冷蔵でも全体を覆い立てて保存する
  4. 冷凍する場合は必ず切ってから冷凍する
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク