焼き芋、大学芋、いももち…子供も大好きな甘くてホクホクのさつまいも。

芋ほり遠足でたくさん持って帰ってきて、食べきれずに子供の目を盗んで捨ててしまった…なんて経験があるのは私だけじゃないはず!

ということで、今回はさつまいもの選び方や賞味期限、保存方法についてまとめました!

さつまいも 保存 方法

さつまいもの選び方

甘くて新鮮なさつまいもは全体的に傷が少なく、ずっしりしていてふっくらしているものを選ぶようにしましょう。

ひげが生えているものは繊維が多いので、焼き芋などで食べる時には少し食べにくいです。

蜜があふれ出ているものは甘い証拠なので迷わず選んでしまいましょう!

さつまいもの冷蔵保存

収穫したばかりのさつまいもは、土がついたまま雨にあたらないところにおいて23日乾燥させます。そうすることによって表面についている土が乾き、手で払うだけできれいに落ちます。

土を払ったら新聞紙に包んで段ボールや紙袋に入れましょう。この時、ビニール袋でもいいんじゃないの?と思われがちですが、ビニール袋は通気性がないのでやめましょう。

15℃前後で、湿度が80%ほどの場所があればそこで保存しましょう。

野菜室での保存も可能です。

土付きのさつまいもは三ヶ月以上保存できますよ!

スーパーで購入したさつまいもは最初から水洗いをしているものがほとんどです。

さつまいもは一度でも水洗いをしてしまうと傷みやすくなるので、長期保存には向きません。

冷蔵庫に入れてしまうと低温障害を起こすので、新聞紙に包んで野菜室で保存しましょう。

切ったさつまいもは切り口だけにラップをし、こちらも新聞紙で包んで保存しましょう。

さつまいもを切る際、洗わずに切ります。切った後に使う部分だけ洗うようにしましょう。

全部洗ってしまった場合は密閉容器に水を張り、さつまいもを完全に水の中に浸します。水を毎日交換することによって23日保存することが可能になります。

スポンサードリンク

さつまいもの冷凍保存

さつまいもを冷凍する場合は、ふかす、蒸すなど加熱したものを粗熱を取り、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて冷凍しましょう。

また、食べやすいようにマッシュ状にしたり、角切り、薄切りなどして平べったくして保存することもできます。

冷凍した場合の賞味期限は1ヶ月です。

まとめ

  1. さつまいもは土付きのまま保存することで長持ちする
  2. 水洗いをしてしまったものは冷蔵保存、冷暗所保存で1週間程度
  3. 加熱して粗熱を取ったものは冷凍保存することができる
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク