お弁当やバーベキューの定番ですが大活躍の『焼きそば』ですがついつい多く作って食べきれなくなる事はありませんか?

ゴールデンウィークなど連休があると家族が家に居る時間が増えて朝・昼・晩と食べる物も増えるのでお昼に焼きそばなんてありますよね。

手軽に作れて子供も大好きな焼きそばは家族が多いと万能料理になります。

でも毎回、焼きそばが出てくると飽きてきてしまいます。

つい多く作り過ぎてしまった焼きそばは冷凍をしておく事がオススメです。

そこで、焼きそばを長く保存しておく方法を紹介します。

焼きそば 保存 方法

余った焼きそばは冷凍がいい?

焼きそばを冷凍させるメリットとして調理した焼きそばは時間が経つと水分が抜けて麺が乾燥し硬くなってきます。

食べた時もパサパサしてしまいますし、団子状に固まって食べにくくもなります。

それを解消してくれるのが冷凍保存です。

冷凍保存をするのは調理した物だけではなく作る前の麺も出来ます。

作る前の麺なら袋を開ける前に4等分にカットしてラップで包みフリーザーバッグなどに入れ置くと弁当などに入れるサイズにも出来ます。

冷凍方法

調理した焼きそばの粗熱が取れたらラップの上に1食分ずつ平らに乗せ空気を抜きながら包みます。

平らに薄くして置く事で早く冷凍されます。

また1食分ずつ入れる事で食べる分ずつ取り出せる利点もあります。

小分けした焼きそばをフリーザーバッグなどに入れ匂い移りを防止しておきましょう。

ポイントとしてどんな料理でも言える事ですが冷凍をするなら早く冷やして冷凍保存をする事です。

早く冷やす為に薄く平らにして小分けした物を金属製のバットに乗せてチルドなどで冷やす事をすると良いでしょう。

ある程度、冷え固まったらバットから取り出し2~3食ほどの小分けした物をフリーザーバッグに入れ冷凍庫へ移します。

また、ジップロックの様な機密性の高い容器に入れて1度加熱すると加熱滅菌されます。

それが冷えてくると真空パックに近い状態になりますので美味しさを閉じ込めて置く事が可能になってきます。

冷凍した焼きそばは10日くらいを目安に使い切りましょう。

スポンサードリンク

解凍の方法

冷凍した焼きそばを解凍する時は冷蔵庫へ入れて自然解凍をしておきます。

自然解凍が出来たら焼き直したりレンジで温めると美味しく食べられます。

まとめ

焼きそばの冷凍は衛生面でも保存期間でも優れています。

作り過ぎて残ってしまったら小分けにして一品料理としてお弁当のおかずとして使ってみてはどうでしょう。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク