チョコレート菓子は常温保存でいいと思います。大体15~22℃の間が一番適当な温度ですので、常温保存で問題ないです。

しかし、チョコレートは湿度が高いところ、いわゆる高温多湿を嫌いますので、保存するなら、直射日光が当たらない、湿度の低い場所、しかも涼しい場所が適当です。

一般にチョコレート菓子を冷蔵庫で保管すると品質低下が見られますので、美味しく食べようと思うなら、常温が望ましいでしょう。

チョコレート菓子 保存 方法

夏は常温保存は避ける

ただし、夏場は、28℃あたりから溶け始めますので常温保存は避けて、冷蔵保存にしましょう。

夏以外は、28℃以上にならなければ常温保存で問題ないです。開封後も、常温で放置していても問題ないでしょう。

しかし、開封したら、早めに食べるのは基本中の基本です。

開封後の保存方法の一例

チョコレート菓子といっても様々で、チョコレート自体にも色々種類があります。
チョコレートの中には、要冷蔵のものもあります。例えば、ガナッシュチョコレート、生チョコレートといった種類です。

一番良いのは、保存せずにすぐに頂く、あるいは、できるだけ早く頂くということですが、そうも行かない場合、保存が必要な場合は、10℃以下で冷蔵保存すれば問題ないでしょう。冷凍保存も可能は可能ですが…

スポンサードリンク

チョコレート菓子の保存方法として、冷凍保存は可能?

答えは可能です。しかし、冷蔵庫で保存する方が品質上の劣化を防げますので、冷蔵保存することをおすすめします。

また、冷凍庫で保存することのメリットはないに等しいです。冷たくなって多少美味しくなることが利点として挙げられますが冷たすぎるチョコレートを美味しいと感じる人も入ればそうでない人もいるでしょう。

決して冷凍保存で保存期間が長く保てる、ということではありません。

まとめ

生クリーム等使用のチョコレート菓子は、10℃以下の要冷蔵です。一般にチョコレート類は、酷暑以外は、常温保存で問題ないです。冷蔵保存にした場合、味や風味が損なわれやすいのでできるだけ早めに頂く方がいいです。

品質低下や劣化を特に気にされないのであれば、チョコレート菓子は大変長く保存しておくことが可能です。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク