ロールキャベツは野菜嫌いの子供でも食べる洋食としてオムライスなどと肩を並べる定番料理ですよね。

意外と自宅で作ると保存に困ってしまい、なかなか作れないで居ませんか?

多めに作って保存が出来たら、おかずに困った時などすぐに出せるから保存が出来たらな…なんて思ってる人の為にロールキャベツの保存方法について紹介します。

ロールキャベツ 保存 方法

冷凍保存は煮込んでから?煮込む前?

ロールキャベツを作ったのは良いけど冷凍保存をするにはロールキャベツを煮込んでから保存した方が良いのか煮込む前に保存したら良いのか悩んでしまいますよね?

ロールキャベツはキャベツの中に生のひき肉を使うので、生のままだと細菌が繁殖してしまい傷みが早まってしまいます。

なので、出来るだけ煮込んでから保存をする事をオススメします。

いくら手袋をしてタネを捏ねたとしても素手で捏ねるより少ないとは言え細菌は入ってしまいます。

その状態で保存をしても日持ちがしないし時間を置けばおくほど細菌が繁殖してしまいます。

暖かい時期だと細菌が増殖し食中毒になる可能性も出て来ます。

スポンサードリンク

煮込んだロールキャベツの冷凍方法

煮込んだロールキャベツを冷凍で保存する場合は、まず粗熱を取りましょう。

粗熱を取らずに冷凍してしまうと汗をかいて味が薄まってしまいます。

粗熱をしっかりと取ってからジップ付きの袋にロールキャベツとスープも入れて空気をしっかり抜いて平らになる様にして冷凍します。

冷凍する前にチルドで少し冷やし固めてから冷凍すると綺麗に平らに出来ます。

他の方法として、ロールキャベツの具だけを取り出し粗熱を取ったらラップで包みジップ付きの袋へ入れて冷凍します。

スープは別にタッパーなどに入れてチルドなどで完全に冷やしてから冷凍庫へ保存します。

ロールキャベツを早く冷やす方法としてラップに包んだ状態で金属製のバットに乗せてチルドに少し入れておくと冷えが早くなります。

2つの冷凍方法を紹介しましたが長く冷凍保存をするのであればスープも一緒に保存する事をオススメします。

スープも一緒に保存する理由としてはスープが染み込み冷凍焼けを防いでくれるからです。

長く保存か出来るとは言え、なるべく早めに食べきる様にしましょう。

まとめ

よほどロールキャベツが好きでなければ何個も食べる事が難しいと思います。

数を減らして作るくらいなら、逆に多めに作って保存しておくだけでいつでも食べたい時に食べられます。

冷凍保存をするなら煮込んでから保存をしましょう。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク