お弁当や食卓の彩りとして良く使われるポテトサラダですが、誰もが大好きな食べ物では無いでしょうか?

副菜として弁当の中にあったり単品で売っていたりとどこに行ってもポテトサラダは置いてます。

自宅で作ると、ついつい多く作り過ぎて困る事があるのでは無いですか?

そんな多く作りすぎたポテトサラダはどの様に保存していますか?

保存の仕方ひとつで味がかなり変わってきます。

ポテトサラダはどんな保存をしたら良いのか分からない人の為に保存の方法を紹介したいと思います。

ポテトサラダ 保存 方法

保存しても美味しいポテサラとは?

一般的にポテトサラダと言えば芋、人参、玉ねぎ、きゅうり、ハム、コーン、ツナなどで組み合わせて作ってると思いますが、残った時の事を考えて作ってますか?

意外とそこまで考えて作ってる人は少ないと思います。

冷蔵保存するにも冷凍保存するにも少しのコツで美味しく日持ちするポテトサラダが作れます。

少しの手間で変わるなら試してみて損はありませんよね?

保存するポテサラのコツ

初めは普通に作っていても問題はありません。

冷蔵なり冷凍なりする時に美味しく保存できるコツがあります。

コツの1つ目として『ジャガイモは潰して保存する』と言う事です。

そもそも調理をしたジャガイモは痛みやすく保存してもパサパサして味が落ちてしまいます。

作る時は普通にゴロゴロしたままでも良いですが残って冷蔵する前にジャガイモは潰して軽く味を整えておきましょう。

これだけでグンと味も食感も良くなります。

スポンサードリンク

保存するポテサラのコツ2

コツの2としては『きゅうりは入れないで作る』事です。

こつの1つ目でも言いましたが潰して味を整えておくと味も食感も良くなりますが、きゅうりの様に水分が多い食材は水分が抜けて潰したポテトに染み込んでベチャっとした感じになってしまいます。

水分の多い食材は出来るだけ入れない様にしましょう。

ポテサラの保存の方法

残ったポテサラの保存方法としては、潰して味を整えて水分の多い食材は入れない物を出来るだけ空気に触れない様にラップで包み込み小分けにして保存袋に入れて冷凍しておきます。

ポイントとしては『空気に触れない様にラップで包み込む』と言う事です。

隙間があると冷凍した際に霜が出来てポテサラに水分を与えてしまう事を防ぐ為です。

冷蔵の時も潰して味を整えてなるべく空気に触れない様にラップをして保存しましょう。

おまけ

おまけとしてジャガイモの水分を飛ばす方法を紹介します。

ポテサラを作る時にジャガイモを茹でたり蒸したりするよりレンジで火を通し潰すか、茹で・蒸しで作ったジャガイモならフライパンで火をつけながら潰すと水分が結構、抜けます。

まとめ

どうしても作る時に大量になりがちなポテトサラダですが出来る事なら食べる分ずつ作る方が1番、美味しく食べられます。

それでも残った場合は参考にして保存してみてはどうでしょうか。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク