日本の美味しい食べ物!というと、干し⚪⚪が思い浮かぶでしょう。干し芋、梅干し、干し柿…たくさんありますよね。とても高級品ではありますが、日本人であれば食べたくなる時期があるはずです。

そんな食べ物がご自宅にあると必ず考えるのが保存方法だと思います。保存方法を考えないとせっかくの美味しい味が落ちてしまったり、カビが生えてしまったりと残念な結末にもなりかねません。結構、保存方法が難しいため、ぜひこの機会に正しい方法を知っていただきたいです。

そこで今回は、「干し柿」の保存方法を詳しくご紹介します。

干し柿 保存 方法

干し柿について

干し柿とは、日本で大昔から親しまれていた食べ物です。保存がきくためにフルーツを乾燥させるドライフルーツは昔から世に出回っていましたが、中でも干し柿はそのドライフルーツの先端といっても良いでしょう。

干し柿の大半は渋柿を元に作られています。日の光を浴びてゆっくりと乾燥させていくうちに渋柿の渋みが抜けて甘くなります。

出回り期は、毎年秋頃10月から12月です。最近では、真空パックなどでの販売もあり、年間を通して食べることができます。

産地は、日本国内での干し柿栽培ナンバー1である福島が一番です。次いで、長野、山梨が多いでしょう。最近では、コスト削減のために中国産のものも主流となっています。

干し柿はとても栄養があることでも有名です。もともと栄養価の高い生柿を干して乾燥させることで栄養を濃縮できるため、非常に健康的な食べ物なのです。

柿に含まれる栄養価は、果糖とビタミン類で、昔から体力回復や二日酔い防止、高血圧予防にとても効果があるとされてきました。また調整作用も優れており、腸のバランスを保つ効果やコレステロールを吸収して排出する効果もあるのです。

スポンサードリンク

保存方法とは

保存方法は、暖房の効いていない常温(15度~20度くらいがオススメ)の場所に置くのがベストです。あまりにも温度の高い場所に置くとカビが生えたり腐ったりしてしまいます。

果肉の柔らかいうちに食べるのがオススメですが、食べきれない場合はしっかりと密閉できる袋にいれて冷凍保存をすると長期間の保存ができます。しかし、栄養は時間が経つと抜けてしまいますので、できる限りなるべく早めに食べましょう。

まとめ

干し柿は、冷凍保存できるとはいえ時間が経つと味も質も落ちてきますのでぜひ早めに食べてください。

もし数日間保存したい場合は、常温の場所に置いて忘れないうちに食べることをオススメします。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク