お父さんのおつまみにも、家族でワイワイ手巻き寿司にも大活躍のお刺身ですが、生ものだし、すぐに食べてしまう以外方法はないのかしら…とお悩みの方も多いことでしょう。

次の日、お刺身をバターなどで焼いて食べる人もいますよね。

でも、本当にその日限りしか持たないのでしょうか?

ということで今回は、お刺身の上手な保存方法をまとめました!

お刺身の保存方法と消費期限

お刺身を買う時、いつも切ってあるものを買いますか?

それともサクのまま買いますか?

実はこれも長持ちさせる大きなポイントになるのです。

お刺身 保存 方法

冷蔵保存

買ってきてそのまま冷蔵庫にしまう人がほとんどですが、食べる時にドリップ(お刺身から出る汁)が出てしまっていませんか?

このドリップこそ、傷みを進行させる原因なのです。

帰ってきたらすぐにパックから取り出し、ペーパータオルで水分を拭き取りましょう。

キレイになったら新しいペーパータオルにくるみ、更にラップをして冷蔵庫のチルド室へ入れましょう。

パーシャル室があればパーシャル室へ!表面だけ凍るので切る時も楽ですし、より保存に適しています。

当日食べないのであれば、サクのまま保存しましょう。切った部分から空気に触れて傷みやすくなるので、必ず食べる直前に切るようにしてください。

アジやサバ、さんまなどの青魚は当日中に食べましょう。

白身魚は一日置いても大丈夫です(ちなみにサーモンは白身魚です)。ただし白身魚の場合は昆布などで〆ると旨みが増すので2~3日置いておくほうが良いです。

マグロやブリなど大きなお魚のお刺身は2日持ちます。

わさびの葉が手に入るのであればお刺身の上にかぶせ、その上からラップをしましょう。

または、わさび醤油に漬けて《ヅケ》にしたり、山掛けにすると風味が落ちても気にならなくなります。

わさびには殺菌作用がありますので、漬けておくことで3日は持つようになります。

冷凍保存

冷凍保存をする場合は、ペーパータオルで水分を拭き取ってからサクのままラップで包みましょう。切り身も同様です。

その後、アルミホイルで包み金属トレーの上に乗せると急速冷凍の効果があります。

冷凍しても、生魚は足がはやいです。

一週間で食べきってしまうようにしましょう。二回に分けて食べたい場合は、二つに切ってから同じ方法で冷凍しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

今回はお刺身の上手な保存方法についてまとめました!

  1. お刺身はなるべくサクの状態で買ってくる
  2. 買ってきたお刺身はペーパータオルでドリップを拭き取り、きれいなペーパータオルに包みその上からラップで来るんでチルド室、パーシャル、冷凍庫で保存
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク