ザーサイ、皆さんは食べたことがありますか?

居酒屋でお酒のおつまみのメニューであったり中華料理に用いられていることもあります。

少ししょっぱくて塩分が高そうですがこのザーサイが一体なんなのか考えたことがある人は実は少ないのではないでしょうか。

ここではザーサイについて詳しくみていきましょう。

ザーサイ 保存 方法

ザーサイって?

ザーサイについて基本的なことから紹介していきます。

ザーサイというのは元々アブラナ科の植物で、まず塩漬けにしてから多数の調味料で更に漬けています。

それを切って食べているのがあの中華料理屋にでてくるザーサイなのですね。

しかし、塩漬けにしているならしょっぱく感じるのも頷けますね。

ザーサイの栄養価は?

ザーサイには実は意外と豊富な栄養素が含まれています。

  • カリウム

高血圧を予防してくれる効果をもっています。

  • ナトリウム

血圧を調整してくれる作用があります。

意外と血圧に効果のある栄養素が豊富に含まれていることに驚きで、たくさん食べようかなと思っている人もいるかもしれませんが前述で書きましたが塩分もたっぷり入っているので食べ過ぎには注意が必要です!

この他にビタミンKなども含まれており、ザーサイってなんだろうと思っていた人も多いと思いますが優秀な野菜なのですね。

これまで何となく食べていたザーサイの実態が見えたと思います。

スポンサードリンク

ザーサイの保存方法

日本で売られているザーサイは殆どが中国産のものです。

では、ザーサイの塩抜きや保存方法について紹介していきましょう。

ザーサイの塩抜き

塩抜きするためにまずはザーサイの表面をざっと洗います。

そして好みのサイズにカットしてボールや鍋にたっぷり水を張りそこにカットしたザーサイをつけましょう。

およそ30分から1時間程度で塩は抜けます。

あまり長くつけすぎると味が落ちるのでチェックを怠らないようにしましょう。

ザーサイの保存方法

ザーサイはジップロックにいれて小分けして冷凍で保存しておけばその都度使いたい分だけ使う事ができます。

まとめ

ここまでザーサイについて詳しく紹介してきました。

お店で食べても家では食べた事がないという人が多いと思います。

冷凍保存が可能で小分けに使う事が出来るので是非家でも料理で使ってみてはいかがでしょうか?

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク