レンコン、ニンジン、コンニャク、ゴボウ、鶏肉などの食材を甘辛く煮込んだ料理。

九州地方の郷土料理で福岡では『がめ煮』とも呼ばれます。

普段の食卓や、お正月のおせち料理にも欠かせませんよね。

ついつい多めに作ってしまい数日かけて食べるご家庭も多いのでは?

しかし筑前煮ってどのくらい日持ちするのでしょう。

筑前煮 保存 方法

筑前煮の保存方法と賞味期限

調理した筑前煮は食べる分だけお皿に装って、残りは冷蔵庫に保存するようにしましょう。

冬場は気温も低いのでラップをかけるか、タッパーに入れて常温に置いておくことも可能ですが暖房を付けたりコンロの近くに置くと気温の変化で悪くなってしまうので注意が必要です。

常温での保存は1日程度。

冷蔵庫内に保存する場合は3日~1週間程度。

冷凍保存だと1カ月程度を目安にしてください。

上手に保存して日持ちさせる為に

冷蔵庫の保存で3日~1週間。

ん?この数日間の違いは何?と思いますよね。

まず季節も関係してきますが、やはり夏場の1週間保存はおすすめできません。

冷蔵庫の保存といえども、早めに食べきってしまうことを心掛けてください。

また味付けにもよって異なります。

濃い味付けならば4、5日を目安に。

薄味ならば2、3日ほどでしょう。

1週間ほど日持ちさせたいなら毎日火にかけることが必要です。

冷凍保存をする場合、解凍後の食感に変化が出てくる食材もあります。

特にコンニャクはゴムのような弾力のある食感になってしまいます。

物足りない感じになってしまいますが、事前に省いた方がいいかもしれませんね。

保存方法は、タッパーに入れて密閉するか、保存袋に入れて空気を抜いて冷凍室へ入れてください。

スポンサードリンク

あなたが作る筑前煮の中身は?

さまざまなレシピを見ているとニンジン、コンニャク、レンコン、ゴボウ、鶏肉の中身が一般的なようですね。

お好みで里芋やシイタケを入れてあるご家庭もあるようです。

春はタケノコの季節。

タケノコを加えた筑前煮も美味しいですよね。

彩りに絹さやも加えて、今夜のおかずの一品にいかがですか?

まとめ

日持ちさせる為に、毎日火を通すことは細菌の増殖を防ぐために必要不可欠。

前もって保存することが分かっているならば煮汁は多めに作っておくことをおすすめします。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク