肉そぼろや卵のそぼろ。

ご飯にかけても美味しいですが、料理にちょっと一工夫したい時にも活用できますよね。

保存を考えて多めに作ってみたけれど、保存方法や賞味期限がわからない。

という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、そぼろの保存と賞味期限について見ていきたいと思います。

そぼろ 保存 方法

そぼろの保存方法

肉そぼろを冷蔵で保存する場合、タッパーや冷蔵用の保存袋に入れて空気を抜いて保存しましょう。

ラップをかけるだけでも構いませんが、極力空気と触れさせないように密閉することが大事です。

冷凍での保存は、フリーザーバッグがお薦めです。

そぼろをフリーザーバッグに入れて平らにならします。

菜箸などで上からギューっと押し当てて縦線・横線の型を付けましょう。

こうして型を付けておくことで、使用する際に使う分だけをパキっと折って使うことが出来ます。

板チョコのイメージです。

もちろん、ラップに小分けして包んでからフリーザーバッグに保存しても構いません。

冷蔵保存は4日程、冷凍保存は1カ月を目安に保存してください。

卵のそぼろも保存出来る?

卵のそぼろは冷蔵だと傷みも早いので、多く作りすぎた場合はなるべく早い段階で冷凍保存をしましょう。

肉そぼろと同じようにフリーザーバッグなどを活用してください。

保存期間は1カ月を目安に。

生卵やゆで卵は冷凍できませんが、このように加工するとことで冷凍保存が出来るので、ちょっとした時に便利ですよね。

スポンサードリンク

そぼろをポロポロにする方法

菜箸を4~5本使って混ぜるとポロポロになる、という方法。

これは多くの方がご存知ですよね。

その他にもいろいろと方法があるようなので、ちょっと紹介します。

肉そぼろの場合は前もってフードプロセッサーにかけることで均一なポロポロになるのだそうです。

フードプロセッサーなんて持っていない、面倒!という声も聞こえてきそうですね。

そんな方は前もって肉と調味料を混ぜ合わせてから炒めてみてください。

ポロポロのそぼろが完成するはずです。

まとめ

肉そぼろと卵そぼろを冷凍保存しておけばお弁当作りにも大活躍ですよね。

白ご飯のお弁当では寂しいけれど、そぼろをのせるとパッと華やかになります。

綺麗なグリーンのお野菜を添えて3色丼で完成です!

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク