朝食や昼食や夕食など、日本料理の定番として出てくるものと言えばご飯のとか味噌汁とかありますよね。

そしてオカズは日々変わってきます。

そのオカズの定番のうちの一つに、焼き魚が有名ですね。

焼き魚は季節によって美味しく感じる魚がいっぱいあります。

秋だったらサンマとか冬だったらサーモンなどがありますよね。

その他だとウナギやホッケなども各種類の魚があります。

あなたはどんな魚が好きですか?

焼き魚を作ってみたけど、作りすぎて余ってしまった。

調理前ならある程度の保存法の知識はあるけど調理後である焼き魚を保存する知識を持っていない。

どうしよう。

今回はそんな焼き魚の保存法について説明します。

焼き魚 保存 方法

魚の保存

まず調理前の普通の魚の場合、冷凍保存する場合約一か月ぐらい持ちます。

魚の種類にもよりますが。

基本的に焼き魚より調理前の魚で保存した方が良いでしょう。

それもより良い保存期間を求めるなら塩漬けと言う方法を行えば保存期間が延びるでしょう。

スポンサードリンク

焼き魚の保存

調理前の魚ならともかく、調理後の魚の保存はお勧めしません。

一般の調理前魚より傷みやすくなってしまうので。

食べきれなくてどうしても保存したい場合はラップなどで包んで空気が入らないように密閉して冷凍庫に保存をしましょう。

これを行えば最低でも一日は持つでしょう。

どちらにせよ焼いた魚は早めに食べきったほうが良いでしょう。

まとめ

焼き魚は日本料理の食卓に並ぶオカズのうちの一つとして有名です。

そんな焼き魚を日本人は今宵なく愛して食べます。

毎日食べる方もいます。

焼き魚を保存する方法はありますが、そもそも普段の生活で焼き魚を残すことになる状況は少ないでしょう。

それでも残ってしまった場合は空気が入らないように密封して冷凍庫に入れましょう。

焼き魚は生魚と違って保存が効きにくいので、早めに食しましょう。

保存期間は頑張れば二日以上は可能かもしれませんが、できれば保存期間明日までに留めておきましょう。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク