ローストビーフと言えば肉をスライスして食卓で食べる他に、ちょっと工夫してサンドイッチに挟んで食べたりします。

クリスマスとかの豪華ディナーにも見かけますよね。

特徴として食べる分だけスライスして、食べきれなかった分は保存して翌日に食べたりします。

でも気になるのは素材の日持ち。

そんなことが気になる方はいると思います。

今回はそのローストビーフの保存法と、保存してもおいしく食べられるコツを説明します。

ローストビーフ 保存 方法

ローストビーフの保存

ローストビーフを作りすぎて食べきれない。

そんなときは保存を行います。

でも気になるのは保存期間です。

保存期間がオーバーしてお腹を壊すのは嫌ですよね。

せめてある程度の知識が欲しいです。

ローストビーフの保存は主に二つあります。

一つは冷蔵保存、もう一つは冷凍保存です。

ちなみにローストビーフは肉厚が多いほど保存期間が伸びます。

これは細菌が外側から徐々に内側へと侵食するため、スピードが違ってきます。

その為、先にスライスして薄い肉状態での保存はすぐダメになります。

冷蔵保存

ローストビーフを作って食後に余った場合でも、冷蔵保存で三日は持つことが出来ます。

たったの三日ぐらいなのでそれまでに食べきってしまったほうがいいですね。

でも一番は作った日に食べきったほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

冷凍保存

冷蔵保存は三日ぐらいしか持ちませんが、冷凍保存の場合はそれ以上の保存期間を持ちます。

ローストビーフを作りすぎて三日で食べきれない場合は冷凍保存をお勧めします。

なぜなら保存期間は半月から一か月ぐらいだと言われています。

さらに冷凍保存する場合コツもあり、空気をできるだけ含ませずに密閉して冷凍するといいでしょう。

それだけで期間の延びが違ってきます。

まとめ

以上がローストビーフの美味しく保存できる方法でした。

ローストビーフは調理の際いろんな料理の形にもなります。

そんな便利な食材を捨てるのはもったいないですよね。

その為の保存です。

主に冷蔵と冷凍があります。

どんな形で保存するのかは自分の好みで良いでしょう。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク