ラ・フランスな名前の通りフランス原産の果物で、甘みの中に少しの酸味がある濃厚な味が特徴的で、とろけるような果肉の口当たりは西洋なしの中でも1番といっていいほどの人気があります。

今回はそんなラ・フランスの保存方法と自宅での追熟方法について詳しくみていきましょう。

ラ・フランス 保存 方法

ラ・フランスは完熟時期が調整可能

ラ・フランスは保存時の温度を高くすることで熟期を早めることが可能です。

完熟前のラ・フランスを新聞紙やポリ袋で包み直射日光を避け、15~20度くらいの室温で保存します。

差はありますが2~1週間ほどで完熟で食べ頃になるため、大量にラ・フランスがある場合は数個ずつ気温の高い場所に移動させていくと効率よく食べ進めることが出来ます。

より早く追熟させたい場合はりんごとラ・フランスを一緒の袋にいれて保存しましょう。

りんごが発するエチレンにより追熟が早く進むため、状態をよく確認するようにしましょう。

完熟を遅らせたいとき

反対にラ・フランスの完熟を遅らせたい場合は、出来るだけ早い時期に湿気を保つため新聞紙に包みさらにポリ袋に入れた状態で、3~5℃の冷蔵庫に入れます。

このとき密封状態にしラ・フランスの水分が失われないように気を付けましょう。

冷蔵庫では追熟を早めるリンゴと一緒に保存しないようにすることも大切です。

スポンサードリンク

追熟後の保存方法

完熟したラ・フランスはポリ袋などに入れ冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫での保存はエチレンガスが充満し傷みやすくなるため、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

ラ・フランスは食べ頃になっても果皮の色が変化しないため判断が難しい品種と言われていますが、軸と軸の周りにできるシワを食べ頃の判断の目安にすると良いでしょう。

食べ頃になってくると軸自体がしおれてきて軸の周りにシワが寄ってくるため、参考にしてみましょう。

冷凍するとシャーベットに

ラ・フランスの保存は冷凍保存がおすすめです。

完熟したラ・フランスを半分に切り半割したものをラップやジップ付きの袋に入れて冷凍庫で保存します。

食べるときは半割したものを少しだけ解凍し、切り口を上に向けるとシャーベットとしてスプーンですくって美味しく食べることが出来ます。

他にもラ・フランスの皮を剥き食べやすい大きさにカットしたものをタッパーなどに入れ、冷凍庫で保存すれば必要な分だけ取り出して食べることが出来るため、夏場のちょっとしたデザートとして大活躍しそうです。

まとめ

ラ・フランスは温度によって熟すスピードを調整出来ることが分かりました。

冷凍保存が適しており、シャーベットのように美味しく食べることが出来るため、夏場のデザートとしてもおすすめです。

ラ・フランスには食物繊維やポリフェノールが豊富に含まれているため、上手に保存して美味しく食べるようにしましょう。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク