シャキシャキした食感に爽やかな甘味。二日酔いや喉の痛みにも効能があるとされる梨は、旬の時にこそ積極的に食べたい果物です。

瑞々しい梨の味を保ったまま保存するにはどうすれば良いのでしょうか?

皮付きの丸ごと梨の保存方法、切り分けた梨の保存方法

梨の皮は苦いので、りんごと違い、皮付きの丸ごとの梨をがぶりとかぶりつく方はあまりいないと思います。

保存するときは購入したままの丸ごとの梨のままか、切り分けた後での保存になるかと思います。

梨 保存 方法

皮付き丸ごと梨の保存方法

まずは、梨の乾燥を防ぐことが一番大切です。

常温で保存する場合は、梨をひとつひとつ新聞紙に包むか、またはビニール袋に入れてから、風通しの良い冷暗所で保存してください。

皮付き丸ごとの梨を常温で保存した場合は、3日から4日くらいが賞味期限です。

冷蔵で保存する場合は、梨をひとつひとつ新聞紙に包んでから、ビニール袋またはジップ付きの袋に入れ、それらを冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。

もし、新聞紙が無いときでも、ビニール袋に入れたり、ラップでくるんでおきましょう。保存時に、ヘタを下にして置いておけば比較的長持ちします。

丸ごとの梨を冷蔵で保存した場合は、1週間くらいが賞味期限です。

切り分けた梨の保存方法

空気に触れた切り口から酸化が始まるので、できるだけ早く食べきるのがベストです。

デザートとして出す場合や、切り分けてからそれほど時間経過せずに食べる場合、酸化を防ぐ保存方法としては、ボールに適量の水と砂糖を入れ、その中に切り分けられた梨を浸けておけば酸化による変色を防ぐ効果があります。

その他の方法としては、レモンを絞ってその汁をかけておきます。

また、りんごの酸化を防ぐ方法と同様、梨を塩水に浸けておいても酸化による変色が防げます。

食べ残したなどの理由で、切り分けられた梨を保存しておく場合、例えば二分の一程度の大きさなら、それごときっちりとラップに包んでから冷蔵庫に入れておきます。

切り分けられた梨を皿に盛っている場合なら、皿ごとラップに包んで冷蔵庫に入れ、保存しておきましょう。

切り分けられた梨はおよそ1日から2日までが賞味期限です。

が、できれば当日中に召し上がる方が良いでしょう。

冷凍保存は?

梨が本来持っているシャキシャキとした食感をあきらめるのであれば、冷凍保存自体は可能だと言えます。冷凍して解凍した場合、梨がベチャベチャになり、本来の食感は失われてしまうのです。

皮付きの丸ごと梨をキッチンペーパーなどで包んでからジップ付きの袋などに入れ、冷凍保存しておきます。半解凍すれば、シャーベットのような味わいが楽しめます。

または、梨の皮を剥き、レモン汁を入れてからミキサーなどで擦りつぶし、ジップ付きの袋などに入れて冷凍保存しましょう。シャーベットのほか、料理の隠し味などにも使えます。

スポンサードリンク

まとめ

梨には、幸水、豊水、二十世紀、ラ・フランスなどの種類があります。

梨を食べることで、高血圧の予防や利尿作用、疲労回復や消化の促進などの効果が期待できます。

賞味期限は飽くまでも目安ですので、最終的にはご自身の判断でお召し上がり下さい。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク