ぶどうに含まれるアントシアニンは目に良いと言われており、スマホ世代の方や、パソコンを見続けなければならない業務に就いている方には、進んで食べて貰いたい果物の一つです。

意外と良く知らないぶどうの保存方法について調べてみました。

房つきぶどうの保存方法、房から外したぶどうの保存方法

できるだけ丁寧に持ち帰ってきたつもりでも、案外、ぶどうの粒が枝から外れてしまっていることも多いですよね。枝から外れたぶどう粒は、穴の開いた部分から果汁が漏れ出てしまいます。

枝からぶどう粒が外れる前に、適切に保存しておきたいものです。

ぶどう 保存 方法

房つきぶどうの保存方法

ぶどうは温度が高くなるほど傷みやすくなります。ですので日持ちこそしませんが、常温で保存することも可能です。

常温で保存する場合は、ぶどうを新聞紙やラップなどで包んで風通しの良い冷暗所に置いておきます。ここでの注意点として、特にデラウェアなどの品種では、ぶどうの粒が枝から外れやすいという点が挙げられます。

新聞紙で包む際、紙との摩擦で次々にぶどうの粒が外れてしまうのを避けるため、新聞紙をクシャクシャにして柔らかくしてから包みましょう。ぶとうとの当たりが弱くなり、粒が外れにくくなります。

常温で保存した房つきのぶどうは、2日から3日程度が賞味期限となっています。

冷蔵保存する場合は、房つきぶどうを新聞紙やラップなどで包んでから、冷蔵庫の野菜室にて保存しておきます。新聞紙で包む際の注意点は前述と同じです。

最大5日程度が賞味期限の目安ですが、できれば3日以内に食べ切りましょう。

房から外したぶどうの保存方法

ぶどうを房から外す際は、2ミリから3ミリくらいの枝を残しつつ、キッチン鋏などで切り外します。ぶどうの粒を枝に付けたままにしておけば果汁も漏れず、傷みを抑える効果もあります。

タッパーやジップ付きの袋などに入れて空気をキッチリ抜いてから、冷蔵庫の野菜室にて保存しておきます。最大7日程度が賞味期限の目安ですが、できれば5日以内に食べ切りましょう。

冷凍保存は?

冷凍保存する場合は、2ミリから3ミリくらいの枝を残しつつ、キッチン鋏などで房からぶどうを切り外し、流水で洗ってからキッチンペーパーや清潔な布巾で水分をぬぐいます。

その後、タッパーなどになるべく重ならないように入れて、空気をきちんと抜いてから冷凍保存しておきましょう。

最大で3週間程度が賞味期限の目安ですが、できれば2週間以内に食べ切りましょう。

全解凍でも良いし、シャーベット状で食べても良いですね。

冷凍庫から出し、水で軽く濡らせば、皮に苦労することなく簡単にスルリと剥くことができます。

スポンサードリンク

まとめ

ぶどうは食べる直前に洗いましょう。

ぶどうの皮についている白い粉はブルームと言われる分泌物です。ぶどうに含まれている脂質が表面に出てきたもので、ぶどうを雨や病気から守り、ぶどうに含まれる水分の蒸発を防ぐ役割もあります。ふどうを保存する際は、ブルームを落とさないように気をつけましょう。

アントシアニンを含むぶどうには、目の疲れやかすみを改善する効果があるとされます。また、眼精疲労を予防し、改善する効果もあるそうです。更には、内臓脂肪の蓄積を抑えるとされ、メタボ予防に役立つことも確認されています。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク