チーズはいろんな種類があり、それはお酒のおつまみにしたり、調理用にしたりします。

バターを塗った食パンに大量のチーズを乗せてオーブントースターで焼くと、チーズが程よくとろけてパンと食べると絡み合う場面を想像するとヨダレガでてしまいそうですよね。

ピッツァは世界的にも人気なメニューに対してチーズは大きな貢献をしています。

それほどチーズの存在感は大きいです。

そんな多種多様なチーズがある中、アジアに位置する日本はチーズの保存法を知っている方は少ないと思います。

例えばチーズを切る際に、切り口に水分が残らないようにして冷蔵庫に戻す。

今回はそんなチーズの細かい保存法について説明したいと思います。

チーズ 保存 方法

チーズの基本保存

チーズにはいろんな種類のチーズがあります。

フレッシュタイプ、白カビタイプなど、いろんな種類のチーズがありますが基本的にどんなチーズでも濡れさせないことです。

そして乾燥させないことです。

今回説明するのはそんなベーシックなチーズでも保存法です。

スポンサードリンク

チーズの冷蔵保存

チーズはを保存するとき、ラップに包んで冷蔵庫にいれましょう。

更に乾燥を防ぐためにラップなどにも入れると効果的でしょう。

冷凍庫に入れないようにしましょう。

チーズの風味が損なわれますので。

冷蔵庫で保存する際、気を付けるべき点は臭いの強い食材と一緒にしないことです。

いろんな種類のチーズがあり、特に柔らかいチーズもあります。

その場合はアルミホイルなどで押さえてからラップに包む作業をしましょう。

チーズを取り扱う際、切り口から水分が漏れ出る場合があります。

その場合は乾いた布などで拭きましょう。

濡れた状態で保存をしないようにしましょう。

まとめ

チーズは汎用性の高い食材です。

でも保存法をちょっとでも間違えてたら味を損なってしまう半面性を持っています。

そこはある程度の知識さえあれば、常に美味しいチーズを食卓で食べれます。

以上がチーズの保存についてでした。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク