コーンスープやクラムチャウダー、マッシュルームスープなどいろんな種類のスープがあります。

固形物入りだと野菜スープとかありますね。

そして日本で有名な伝統スープと言えば味噌スープです。

普段の生活の中でスープは私たちの身近にあります。

日本だと味噌汁がそれにあたりますね。

場合によっては朝から夜まで毎日口にする方がいます。

スープは個人によって好みが違ってきます。

あなたはどんなスープが好みですか?

でもスープは基本的に量多めに作って、残りは数時間後に食べたり次の日に食べたりとかします。

そんなときスープの保存期間はどれぐらい持つのか気になる方がいます。

今回はそんな美味しいおすすめのスープの保存する基本的な知識について説明します。

作り置き スープ 保存 方法

スープの保存期間

スープの保存期間と言ってもスープの種類によってバラバラになります。

例えば単純にコーンスープなどは冷蔵してもある程度の保存期間を持ちますが、豚汁など固形物だともって二、三日でしょう。

スポンサードリンク

冷凍保存

どうしてもスープを保存したい場合は種類にかかわらず、冷凍することをお勧めします。

冷凍は冷蔵と違って菌の繁殖率が違ってきますのでおすすめです。

やり方はタッパーなどに入れて冷凍するだけです。

食べるときは取り出して鍋に入れて溶かす場合と、、レンジでチンする方法の二種類がありますのでお好みで。

どちらにしても、固形物などは冷凍しても早めに食べきることがベストでしょう。

まとめ

スープの作り置きは、次に食べる時また手間暇かけないようということで予め作ります。

もちろん作りすぎで残してしまう場合があるのでこれも保存する理由にもなります。

スープを保存する際タッパーなどに入れて冷凍がおすすめされています。

味噌スープに限らず、シチューやミネストローネとか、スープとちょっと違いますがカレーとかも保存できますので応用が効きます。

どんなスープを作り置きして後日に食べるのかは、考えるだけでも楽しいですよね。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク