シークワーサーは酸味が効いた健康食材です。

沖縄では、刺身や焼き魚にかけたり、酢の物にしたりと、そのまま食べたり味付けして使用されます。

ただし、シークワーサーは収穫時期によって酸味や甘みのバランスが違い、それによって用途が変わってきます。

刺身や料理の酸味付けに使う場合は青い状態を、ミカンのように食べるなら黄色に熟したものを選びます。

こちらは沖縄だと家庭で普通に出てきますが、全国的には復興していません。

そんなシークワーサーを購入した際、その果物の保存法はご存知でしょうか?

今回はシークワーサーの保存について説明します。

シークワーサー 保存 方法

シークワーサーの保存

シークワーサーを保存する場合、湿気の少ない涼しい場所で保存しましょう。

これなら2週間ほど保存できます。

でも、夏場など暑い場合は乾燥しないよう袋などに入れ冷蔵庫に入れて保存するのもいいでしょう。

常温保存する場合、日に当たらない涼しい場所なら保存は効きます。

夏場は新聞紙に包んで冷暗所にしまい込みましょう。

でも常温保存なため、早めに食べきったほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

冷凍保存

シークワーサーを冷凍保存する場合、半年は保存できると言われています。

そのまま袋に入れて冷凍しましょう。

そして取り出して使用する場合は自然解凍して使えるようにしましょう。

ちなみに果汁を絞って製氷機で冷凍する方法があります。

こちらは保存期間約一年間は持つと言われています。

まとめ

シークワーサーはそのまま食べても良いし、青い状態で魚やその他の料理に味付けすることが出来ます。

個人で醤油に果汁を入れてポン酢にしたりと汎用性は幅広いです。

そんな便利なシークワーサーを保存する場合で、常温保存は新聞紙などで包み、冷暗所に入れる。

冷凍する場合は保存期間半年は持つと言われています。

味付けとしてメインにする場合、絞って果汁を製氷機に入れて冷凍保存することをおすすめします。

こちらは約一年は持つと言われています。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク