皆さんは、油揚げを食べますか?

私はいなりの油揚げしか食べないので(それも100円寿司で…)家で保存するということはあまりありません。

家で保存する時、皆さんはどのようにして保存しているでしょうか?

保存するなら少しでも長く保存したいですよね??

油揚げの保存方法を調べたので見てみてください。

油揚げ 保存 方法

油揚げの様々な保存方法について

開封していないものであれば冷蔵保存で賞味期限まで持ちますが、刻んでしまったり、開封してしまった後の油揚げは次の日に使ってしまうのであればお皿にラップをして冷蔵庫で保存して大丈夫です。

もう少し持たせたい場合は、ジップロックなど密閉できる容器に入れて冷蔵庫で保存する方が良いです。

この方法で、数日程度(4~5日)が保存期間だと思っている方が良いです。

冷凍保存をする場合は、油抜きしていてもする前でもどちらでも良いようです。

開封前のものであれば、そのまま保存することができますがさらに、小分けにしてフリーザーバッグなどに入れて保存する方がより長持ちします。

油抜きをした後の保存の場合ですが、サッとゆでるかまたはお湯をかけて油抜きをします。

その後水分をよく取って、フリーザーバッグなどに入れできるだけ平らになるようにして空気を抜いて冷凍保存します。

油抜きをしてからだと油の酸化がしにくい、使用する時にすぐに使えるというメリットがあります。

ただ、油抜きをする場合は油揚げを切る前に行うようにしてください。

切ったところから水分が入って後々料理に支障が出す場合があります。

解凍する場合、油抜きをしていないものであれば解凍を兼ねてお湯に浸けるかサッとゆでて油抜きを行います。

油抜きをしている場合は、そのまま料理に使うこともできますし、切って保存しなかった場合もそのまま切って使うことができます。

保存期間は、油抜きをしていないもので2週間程度。

油抜きをしている場合は1か月程度をめどに使用してください。

乾燥させたら?

乾燥させて保存するという方法もあります。

油揚げを使いやすい大きさに切っておいて、電子レンジ(500w)で約3分加熱します。

この時お皿の上で油揚げが重ならないようにします。ラップなどはしなくて大丈夫です。

カリカリになっていたら出来上がりです。

なっていない場合は、様子を見ながらカリカリになるまで再び加熱します。

カリカリになったらフリーザーバッグなどに入れて油揚げが崩れないように出来るだけ空気を抜きます。

そして冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

保存期間は1か月以上保存が可能です。

スポンサードリンク

作ってみよう!

油揚げは自宅でも作れるようです。

ここには詳しい作り方は書きませんが、材料だけでもと思い書かせていただきます。

自分で作った油揚げは何だかウキウキしますね!

市販や専門店でしか食べられないと思っていた油揚げを自宅で作れるんです!

その材料を紹介します。

大豆、にがり、水、揚げ油この4つで出来るようです。

詳しくは、作り方を調べてみてくださいね。

まとめ

油揚げは冷蔵保存と冷凍保存のほかに乾燥保存もすることができます。

乾燥保存をすることによってより長持ちできると思います。

また、手作りで油揚げを作ることもできるようですので是非チャレンジしてみてください。

手作りはすぐに食べられる量を作ると良いかと思います。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク