皆さんは、厚揚げを購入したら余ることってありますよね?

私は厚揚げを買う時は、基本的に余らないようにしています。

大体はおでんに入れて使っています。

なので、そのまま残るということがあまりないのでそのまま保存をすることがありません…。

ですが、どうしても余ってしまった時に保存をしないといけません。

そんな時、どのようにして保存すればいいのか、調べてみました。

厚揚げ 保存 方法

厚揚げの様々な保存方法について

常温保存はおすすめできません。

入れ忘れ等あるかもしれませんが、出来るだけ冷蔵で保存するようにしてください。

冷蔵保存をする場合は、袋を開けずそのまま保存しましょう。

使う時に油抜きを行います。

すでに開封してしまっている場合は、油抜きを行ってから保存します。

(油抜きの方法は、基本はお湯で茹でるか、お湯をかけて行います。)

水気をふき取ってからラップで包み、ジップロックなどに入れて密閉するようにして保存します。

この時、空気もできるだけ抜いた方が良いようです。

切った厚揚げを冷蔵保存する場合は、そのままラップに包んで保存またはお皿に厚揚げを置いてラップをかけて保存するようにしてください。

保存期間は未開封のものは消費期限内に食べてください。

開封済みのもので2~3日です。

切ってしまったものは、1~2日程度です。

冷凍保存もできますが、食感が変わってしまうようです。

厚揚げのフワフワ感が欲しい場合は、冷凍保存はおすすめできません。

方法は、たっぷりのお湯で湯通しして油抜きを行ってから保存します。

水気をしっかり切って冷凍用の袋に入れ空気を抜いてから保存します。

解凍方法は、前日に冷蔵庫へ移して自然解凍します。

常温で1時間ほど置いて解凍、電子レンジで解凍などもあります。

解凍すると水分が出てくるのでキッチンペーパーなどでしっかり水気を取るようにしてください。

また、凍ったままそのまま料理に使うことも可能です。

冷凍保存期間は約1~2か月です。

それ以上持つこともありますが、やはり味も落ちると思うので、1か月くらいがちょうどいいと思います。

栄養価

実は木綿豆腐のおよそ2倍のカルシウム、3倍の鉄分、さらに5倍のタンパク質が含まれています。

カロリーこそ豆腐よりは高くなってしまいますが、その分、栄養価は厚揚げの方が高いです!

スポンサードリンク

実はダイエットに効果的!

豆腐ダイエットに比べ厚揚げは豆腐より満腹感も得られやすいです。

ボリュームの高さ、食感のおかげでパンやご飯の代わりにもなり、調理方法もたくさんあるので飽きずに食べることができ、ダイエットには最適です。

また、美容にも効果があります。

カルシウムの吸収を高めるビタミンDと鉄分の吸収を高めるビタミンCを一緒に取ると効果的です。

まとめ

厚揚げは冷蔵保存が基本のようです。

冷凍保存は食感が変わってしまうというデメリットがありますが、長持ちもしますし、食感が変わっても大丈夫!というのなら煮物やおでん、厚揚げのステーキなどにして食べることができます。

人によって好みは変わりますが、冷凍保存でもおいしく食べられる方法があるかと思います。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク