秋の味覚と言ったら、栗に松茸、サンマ…そして「柿」ですよね?

もっと言ったらあると思いますが、今日は柿の保存方法について調べてみました。

私の家では柿を保存する時は常温で保存して、大体2~3日後にはジュクジュクに完熟してしまいます。

柿の長持ちする保存方法は一体どんな方法なのでしょうか。

柿 保存 方法

柿の様々な保存方法について

柿は店頭に並んでいる時にはもう渋抜きをされた状態で売られていることがほとんどです。

渋抜きが終わっていても、柿は呼吸をしています。

そしてエチレンガスを出しながらどんどん柔らかく熟してしまいます。

常温で普通において置くと2~3日で柔らかく熟してしまいます。

熟すのを遅くしたい場合は冷蔵庫で保存する方が良いようです。

冷蔵保存をするコツは、へたの部分にキッチンペーパーやティッシュを濡らしたものをへたの大きさにたたみへたに当てます。

そしてへたの部分を下にして、濡らしたキッチンペーパーなどがへたに当たっていることを確認し袋に入れて冷蔵庫で保存します。

冷蔵保存期間は2~3週間程度です。

冷凍でも保存することができます。

柿を丸ごと保存する方法、食べやすい大きさに切って保存する方法、ピューレにして保存する方法があります。

丸ごと保存する方法は、そのまま凍らせる方法です。

食べるときはへたの部分を切り落として、スプーンですくってシャーベットとして食べます。

食べやすい大きさに切る方法は、切って種と皮を取り除きます。

バットなどにラップを敷き柿が重ならないように並べていき冷凍します。

凍ったら密閉容器に入れ替えて保存します。

この方法は少しずつ食べることができるので、食べたい分だけ食べられるというメリットがあります。

ピューレにして保存する方法は、皮も種も取り除いた柿をミキサーにかけてしまいます。

保存はジップロックやフリーザーバッグなどにいれ平らになるように保存するか、製氷皿に入れて保存することもできます。

冷凍保存の場合は1~2か月程度です。

栄養素

ビタミンAとCが豊富で、その他にカリウム、タンニン、リコピン、β⁻カロテンなどが含まれています。

また、二日酔いに良いとされているようです。

ビタミンCが豊富なことにより風邪の予防にもなります。

柿1つで1日分のビタミンCが取れるといわれているくらい豊富に含まれています。

スポンサードリンク

へたや葉っぱも使える

柿のへたは漢方としても使われとても貴重なもののようです。

しゃっくりで困ったときに、夜尿症で困った時に良いそうです。

また、煮汁はしもやけに塗っても効果が期待できるそうです。

葉っぱにもビタミンCが豊富といわれています。

干してお茶にすると優れた健康茶として飲むことができます。

ビタミンCの供給源だけでなく、新陳代謝を高めたり動脈硬化の予防などにも効果が期待できます。

柿の葉茶を飲んだ後、効果が相殺されてしまうので、しばらくはコーヒーや緑茶、紅茶を控えた方が良いです。

外用薬にも!

柿渋は外用薬として使われることもあります。

打ち身やしもやけ、やけどなどには患部に直接塗って使用します。

痔や蜂などの虫刺されなどにも効果を発揮するようです。

まとめ

柿の保存は常温でもできますがすぐに熟してしまうので、冷蔵または冷凍保存する方が良いかと思います。

冷凍保存は熟してしまったものだと食感が変わってしまうので、それでもいいという方のおすすめします。

熟していないものの保存ならばシャーベットやスムージーとして食べることをおすすめします。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク