皆さんはもやしを保存する時どのようにして、保存していますか?

生で?それとも茹でて?

人によっていろいろな保存の仕方があると思います。

そしてもやしっていろんな料理にも使えるので便利ですよね?

なおさら保存の仕方が気になります。

そんな万能なもやしの保存方法を調べてみました。

もやし 保存 方法

もやしの保存方法について

生のまま冷蔵庫で保存する場合は、約1週間持つといわれています。

方法は、水を入れたタッパーにもやしを浸して置いておきます。

2~3日に一度水を換えると1週間ほど持つようです。

ですが、この方法を使うと水にもやしのビタミンCが溶け出してしまうという欠点もあります。

茹でて冷蔵庫で保存する場合は、サッとゆでた後よく水気を切ってください。

3~4日持つといわれています。

この場合も茹ですぎると、水にビタミンが溶け出してしまう可能性がありますので注意が必要です。

冷凍で保存する場合は、冷凍する前にサッと茹でます。

それからジップロックなどに入れて、冷凍庫で保存します。

この中で一番長持ちしますが、食感が悪くなってしまうようです。

もやしの栄養

栄養がない?と思われがちのもやし、実はいろんな栄養が含まれています!

低カロリーなのでダイエットにもおすすめです。

低カロリーですが、栄養素も他の野菜に比べてタンパク質を多く含んでいます。

ビタミンB群やビタミンC、カルシウム、食物繊維なども含んでいて発芽することによりアミノ酸の含有量も増えます。

最も注目したい栄養素はアスパラギン酸でこの栄養素は、疲労回復や代謝の活性化に効果があるといわれています。

アスパラギン酸は名前の通り、アスパラガスに含まれている栄養素ですがもやしにも多く含まれているようです。

しかも、アスパラガスの約2倍含まれています。

含有量はそれほど多くありませんが、ギャバという精神の安定に作用する栄養素も含まれています。

リラックス効果やストレスの緩和にも良いかもしれません。

スポンサードリンク

おすすめ調理方法

サッと炒めて食べたり、茹でて食べるのが一般的です。

料理のサイトなどを見ると皆さんオリジナルの調理方法を載せてくれているので、参考にすると良いかもしれません。

茹でた後に、水に浸すのはビタミンを逃がしてしまうのでやらない方が良いです。

まとめ

基本的には、もやしは一回で使い切った方が良いようです。

どうしても、保存しないといけない時にはこのような方法がありますので試してみてください。

私は、冷凍で保存が良いかなと思います。

食感は悪くなってしまいますが、炒め物に使うなどして食べるとおいしく食べれると思いますし、栄養も逃がさず食べれるのではないかと思います。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク