皆さんはブルーベリー、お好きですか?

私は残念ながらブルーベリーが苦手です。

お好きな方はどのようにしてブルーベリーを保存していますか?

また、ブルーベリーは目にいいといわれているので、サプリメントとして食べる方も多いかと思います。

そんなブルーベリーですが、どのように保存すると良いのでしょうか。

ブルーベリー 保存 方法

ブルーベリーの様々な保存方法について

ブルーベリーは常温保存には向いていません。

また、乾燥にも弱い食べ物でもありますので、保存する時は袋などに入れて冷蔵または冷凍保存するようにします。

冷蔵保存する場合は、乾燥しないようにビニール袋やチャック付きの袋に入れて保存するようにしてください。

そして、冷蔵庫の野菜室で保存します。

保存期間は1週間程度です。

もしも冷蔵庫がいっぱいで、常温で保存しなければならない場合は3日くらいしか持たないので、出来れば冷蔵庫で保存する方が望ましいです。

冷凍保存をする場合は、水で洗い、水気をしっかりキッチンペーパーでふき取ります。

冷凍用の袋またはポリ袋に入れて保存します。

この時、使いやすいように小分けにして入れておくと便利です。

入れたら、冷凍庫で冷凍保存します。

冷凍保存期間は約半年間です。

もしも風味が気にならない場合は冷凍した時の独特の臭いが出てくるまで食べることは可能ですが、早めに食べる方が良いでしょう。

冷凍したブルーベリーの使い方は、ジュース用として使うことも出きますしシャーベットとして食べることもできます。

ジャムにしたりやヨーグルトに乗せて食べることもできます。

アントシアニンが含まれている?

ブルーベリーには「アントシアニン」という水溶性の色素が含まれています。

これはご存知の方が多いかと思いますが、眼精疲労や視力向上に役立つといわれています。

これだけでなく、アントシアニンには抗酸化作用や老化防止にも有効であるといわれています。

ブルーベリーを多く食べると目の疲れに効果があり、視野も広がり、夜でも暗闇になれるまでの時間が著しく早くなるという特徴があります。

スポンサードリンク

何にでも使える!

基本は生で食べることが多いブルーベリーですが、いろいろな加工ができるのも特徴です。

ジャムやヨーグルトなんかはもちろんの事、ワインにも使われることがあるそうです。

それも、赤ブドウのワインに近いものを作ることができるようです。

もちろんお菓子の材料として、また料理にも使われることもあります。

まとめ

ブルーベリーは常温では保存できません。

出来る限り冷蔵または冷凍保存するようにしてください。

また、乾燥に弱い食べ物なのでしっかり乾燥対策をして素損する方が良いでしょう。

袋の口をしっかり閉める、密閉容器を使うなど工夫が必要かと思います。

ブルーベリーはいろいろな事につかえるし、アントシアニンという色素も入っていて疲れ目なんかにも効くほかに、いろいろな効果が期待できます。

是非パソコンやスマホなどする方は、たくさん食べて目の疲れを取ってくださいね!

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク