皆さんは、アボカドお好きですか?

きっと毎日食べる人もいると思います。

私はアボカド苦手なのであまり買って食べるということはないのですが…。

さて、アボカドを買って残ってしまった時、皆さんはどのようにして保存しているでしょうか?

人それぞれやり方は違うかもしれませんが、調べてみたので参考にしてみてください。

アボカド 保存 方法

アボカドのいろいろな保存方法について

まず、アボカドは樹の上では完熟しないので「追熟」ということを行ってから食べる食べ物です。

追熟方法については、後程説明しますね。

完熟したアボカドを冷蔵保存する場合は、乾燥や外気遮断のためにラップでぴったりと包み、ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

保存期間は2~3日程度です。

追熟したアボカドは冷蔵保存だと少ししか持たないので、長く持たせたいときは冷凍保存します。

方法は、皮をむいて種を取り変色防止のため切り口にレモン汁をかけます。

乾燥や外気遮断のためにラップでしっかりと包みます。

冷凍庫に入れて冷凍保存をします。

解凍方法は自然解凍ですが、食感が変わってしまうため潰して食べる方が良いようです。

冷凍保存期間は1~2か月程度です。

追熟方法

追熟をさせる方法について、常温で保存して追熟させます。

アボカドは気温が27℃を超えると傷んでしまい、反対に5℃を下回ると食味が悪くなってしまいます。

なので、保存は季節に応じて変えるようにしてください。

完熟しているか確かめる方法は外から押してまだ固いようであれば追熟させましょう。

アボカドをビニール袋の中に入れます。

この時に一緒にバナナかリンゴを入れると早く追熟します。

バナナやリンゴなど「エチレンガス」を出す果物と一緒に置いておくと早く追熟します。

追熟の温度は20℃前後なのでそのくらいの場所で追熟させていきます。

押したときにふっくらとした柔らかい食感があればちょうど食べごろです。

追熟後すぐに食べないのであれば冷蔵庫で保存するようにしてください。

スポンサードリンク

森のバター

アボカドは別名「森のバター」と呼ばれるくらい、たくさんの栄養の宝庫です。

このアボカドの脂質はコレステロール値を下げて動脈硬化や心臓病を予防します。

カロリーは高めですが、約20%の脂肪分は8割が不飽和脂肪酸なのでコレステロールの心配がいりません!

栄養価

脂肪分の他にも20種類以上のビタミンやミネラルが含まれています。

ビタミンEやオレイン酸、リパーゼは美容効果や脂肪燃焼効果にも優れています。

グルタチオンという栄養素は肝臓を健やかに保つ働きもしてくれます。

まとめ

アボカドは少し変わった食べ物で追熟をさせてから食べるものです。

保存は常温でも一応は大丈夫のようですがすぐに食べないのであれば、冷蔵庫または冷凍保存する方が良いでしょう。

アボカドは森のバターと呼ばれているようにたくさんの栄養が詰まった食べ物です。

健康維持をしている人にはお勧めの食べ物だと思います。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク