水菜と言ったら、あのシャキシャキっとした食感ですよね。

一度では使い切れない時でも、なるべくなら食感を少しでも失わずに保存できたらと思う人も多いと思います。

そこで、水菜のシャキシャキ感をあまり無くさずに保存できる方法はないか調べてみました。

水菜 保存 方法

水菜の保存方法と保存期限

水菜はあまり日持ちしない食材なので、なるべくなら早めに食べてしまう事が一番おいしく食べられる方法ですが、どうしても余ってしまった場合は冷蔵や冷凍保存がオススメです。

常温で保存する場合

常温で保存する場合は季節によって変わってきますが、長くても3日以内には食べきってしまいましょう。

カットされずに根がある状態で売られている水菜であれば、水に根元を浸して約1週間は保存できる可能性もあります。

冷蔵で保存する場合

冷蔵庫で保存する場合、立てられる容器などを使い収穫前の状態にすることで少しでも日持ちさせることができます。

水菜はとても乾燥を嫌うので新聞紙を軽く湿らせた状態で水菜を包み袋に入れて立てて保存するのがオススメです。

それでも、やはり期限は短く2~3日で使い切ってしまうのがベストと言われています。

残ったカット済みの水菜の場合は、キッチンペーパーなどで挟み適度に交換しましょう。

スポンサードリンク

冷凍で保存する場合

冷凍保存する時は、料理に使いやすいサイズにカットして下ごしらえとして、少し硬めに茹で、冷ましてから水気をしっかりと拭き取り小分けして保存袋などで冷凍することで約2週間は保存可能と言われています。

料理に使う際は、解凍せずにそのまま使う事ができるので便利です。

水菜のマメ知識

水菜はカロテン・ビタミン・カルシウム・食物繊維がとてもたくさん含まれている食材なので、女性に嬉しい美肌や便秘改善、また風邪予防の効果があると言われています。

まとめ

いかがでしたか?

冷凍してしまうとシャキシャキ感は薄れてしまいますので、できるだけ早めに食べきってしまう事が一番ベストですが、解凍せずに凍ったまま料理に使う事である程度は残すこともできますので、余ってしまう時にはぜひ試してくださいね。

保存期限はあくまで目安の期限になりますので、保存環境や食材の状態によって自己判断でお願いいたします。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク