食卓に彩を持たせることのできるパプリカ。

食感や味も独特で、見た目も華やかになりますよね。

しかし、袋にまとめて入っていると一度では使い切れず、できるだけ長期で保存ができると助かりますよね。

いつまでも美味しい状態で保存するためにはどんな方法がいいのかまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

パプリカ 保存 方法

パプリカの保存方法と保存期限

 常温保存・冷蔵保存・冷凍保存など、パプリカが長持ちするオススメの保存方法や保存方法によって大きく変わってくる保存期限はどれくらいなのか気になりますよね。

それでは、ぞれぞれ保存方法を見ていきましょう。

常温保存の場合

パプリカを常温で保存する場合は、温度が10度前後と低い場所でないと2~3日ですぐにハリがなくなりシワシワになってきます。

そのため、冬で涼しい場所あれば常温で約1週間ほど持ち、夏や梅雨の季節などは温度や湿度も高いことからもっと早くなってしまいます。

パプリカに含まれる水分が抜けて乾燥しないように新聞紙などでくるんで、保存すると比較的長持ちします。

冷蔵保存の場合

どれくらいの期間スーパーなどに陳列されていたかによって変わってきますが、ハリやツヤがあり、新鮮なパプリカの場合だと冷蔵庫で保存して約2週間ほど賞味期限を保つことができます。

パプリカに水気が付いているとそこから傷み始めてきますので、保存する場合は水分をしっかりと拭き取って新聞紙などに包み温度差の少ない場所に置いておきましょう。

調理に使った残りなどは、特に品質の劣化が早くなり独特な食感が徐々になくなってきますのでラップなどに包んで早めに使ってしまうか、冷凍保存がオススメです。

スポンサードリンク

冷凍保存の場合

途中で残ってしまったパプリカなどは、次の料理に使いやすいようにワタや種を取って食べやすいサイズに切っておき、しっかりと水気を切ってから密閉できる袋などで保存する事で約1か月は長持ちしすると言われています。

また、冷凍することで生のような食感は失われてしまいますので、炒め物用に利用するといいかもしれません。

調理に使う際は、解凍するとうまみ成分もなくなってしまいますので、解凍せずそのまま使いましょう。

パプリカのマメ知識

パプリカにはビタミンがたっぷり含まれているので、生のままで食べると美容に良いと人気です。

また、動脈硬化の予防にも優れているのでサラダで食べるのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

パプリカは冷蔵庫で保存しているといつの間にかシワシワになってしまっていた…なんて経験した人も少なくないと思います。

そんな時は、便利な冷凍保存で日持ちさせてるといいかもしれませんね。

保存期限はあくまでも目安の期限になりますので、保存環境や食材の状態によって自己判断でお願いいたします。

check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク