お料理に、にんじんを少し加えるだけで色味が出て華やかになりますよね。

しかし、何本入りとかで売っているものを買った場合、使い切れなくて困ったことはないでしょうか?

ということで、今回は上手なにんじんの保存方法や賞味期限、新鮮なにんじんの選び方をまとめました!

にんじん 保存 方法

新鮮なにんじんの選び方

にんじんを購入するときは、茎の切り口がみずみずしく、なるべく小さいものを選びましょう。茶色くなってしまっているものは収穫後時間が経っているものなので避けるようにしましょう。

また、全体的に鮮やかな色をしていて、でこぼこしていないものを選びます。

にんじんの冷蔵保存

にんじんは購入したまま袋の中に入れておくと、袋が汗をかき、その水滴がにんじんについてしまい、ベタベタになってしまいます。

なのでまずは水気をペーパータオルなどで拭き取り、新聞紙にくるんでからポリ袋などに入れ、野菜室でなるべく立てて保存しましょう。

この方法で一週間程度美味しく食べることができます。

カットして使う場合は先の細い方から使用します。あまったにんじんはラップで全体を包み、ポリ袋などに入れて野菜室で保存します。

切ったものの賞味期限は3日程度です。

また、直売所などで土付きのにんじんを購入した場合は、土を取らずにそのまま新聞紙にくるんで保存することによって、より長持ちさせることができます。

スポンサードリンク

にんじんの冷凍保存

にんじんを冷凍する場合は皮をむいて薄切り、または千切りにし、フリーザーバッグになるべく平らになるように並べます。

金属トレーの上に乗せて急速冷凍することで風味を逃しにくく、一ヶ月保存することができます。

また、干して乾燥させることによってさらに長持ちします。

使う用途に合わせてにんじんを切ったら、ザルなどの上に並べ、湿気の少ない場所でカラカラになるまで乾燥させます。

きんぴらごぼうや煮物、炊き込みご飯に入れるとうまみが出て美味しいですよ。

干したにんじんは冷凍保存することで半年程度食べることができます。

まとめ

  1. にんじんは切り口が小さくみずみずしいものを選ぶ
  2. 冷蔵保存する場合は新聞紙にくるんだ後袋に入れ、立てて保存する
  3. 冷凍保存する場合は食べやすい大きさに切ってから冷凍する
  4. 乾燥させるとより長持ちする
check>>〇〇して保存すると食材の鮮度が保てる裏技はこちらから♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク